子育てしやすい福岡の街

 

子どもを育てる上で色々と悩み事がでてきます。
ママがお仕事を始めるにあたって、どこに預けるかって大きな悩みとなります。
自宅の近くがいいのか、職場の近くがいいのかと考えてしまうでしょう。
働き方にもよりますが、子どもが小さい間は体調を崩しやすいことを考慮すると
職場の近くだとお迎えも行きやすいです。
乳児くらいまでは、通勤途中にある保育園や託児所が便利かもしれません。
福岡では、駅の近くに保育園や託児所を設けているところも多く、
子育てママも仕事をし易い環境にあります。
認可保育園にこだわらず、無認可保育園も利用することで早期に仕事を
始めることができますし、補助金制度もありますので月謝も無理なく支払いができるでしょう。
福岡市のホームページから各区の認可保育園、無認可保育園の一覧がありますので、
自宅の近く、職場の近くの保育園を調べることができます。
認可保育園は、収入に応じた月謝になりますが、無認可保育園は各園で月謝が異なるので、直接問い合わせをした方がいいでしょう。
また、園を利用するにあたって1度は見学をして、園の雰囲気や1日の流れなどを知っておくことはとても大切なことです。
手作りの給食だったりお弁当が必要だったり、布オムツが必要だとか園によって特徴が異なるので、方針に添えるのかよく考えましょう。
子育てしながら仕事をするのは、大変なことですが多くの女性が乗り越えていることなので周りの人に助けられながら自分に合ったやり方を身につけていくと、
両立も難しいことではなくなります。

 

福岡の子供用の習い事はどんなものある?

 

子育てをしていく上で、子供が興味を示しているものがあれば積極的に与えていきたい、感受性のある子に育ってほしい、と思うのが親だと思います。
まだ小さなうちは家で遊ぶ方が安全ですが、少し大きくなってきて外でも遊べるようになったら、この機会に習い事を始めるのもいいかもしれません。
福岡には子供が通うことができる習い事がたくさんあり、音楽教室やスポーツクラブ、英会話やダンススクールなどが特に多いです。
人気な習い事はやはり音楽教室ではないでしょうか。
音に興味がある子供は歌を歌うのが好きだったり、楽器を演奏するのが好きになります。
子供が通える音楽教室では、他の子供と一緒になって歌を歌ったり、楽器に触れる機会が多くあります。
小さいうちに音感を鍛えておくことで大きくなって音痴にならずにすむ確率も高くなりますし、より専門的に音楽を勉強したい、と言い始めるかもしれません。
将来音楽にかかわってほしいという想いがあるのであれば、音楽教室へ一度体験に行ってみるといいでしょう。
また、現在では小さな子供向けの英会話教室もたくさんあります。
まだあまり言葉を覚えていない段階で多く英語を聞くことで、ネイティブな英語も聞き取りやすくなり自然と英語力が身に付く事も多いです。
小さければ小さいほど、何かを覚えさせた時のスピードは速いので、英語力を身につけてほしいのであれば早めに英会話教室へ行って普段から英語を聞く機会を作ってあげるといいでしょう。

 

子育てで悩んだ時は相談センターへ

子育てをするのが初めてのママは、知識が乏しいことからちょっとしたことでも心配になってしまいます。
どうやってしつけをしていけばいいのか、人見知りが激しすぎて心配、など子育て特有の悩みは尽きません。
一人でじっとしていてもなかなか解決できないので、そういった時には福岡にあるこどもの相談センターへ行って悩みを打ち明けてみましょう。
福岡にあるこどもの相談センターでは、小さな赤ちゃんから小学生、中学生といった大きくなった子供まであらゆる子供についての悩み相談を受け付けてくれます。
ママ友への相談ではなく、教育や子育てに関するプロの方に相談することによって本格的に相談に乗ってくれ、アドバイスをしてくれるのでお勧めです。
また、子供が障害を持っていたり他の子と違った性格である場合もあります。
自分一人で悩みを解決できない、専門知識がないとわからない悩みはしっかりとプロに相談しましょう。
障害をもっている場合には、通常の公立小学校ではなく障害者が通う学校に進学する可能性もあります。
そういった細かな部分は自分の判断でなくプロに見て頂いた方が早く的確な判断をしてくれるため、些細な事でも相談しておくことが大切です。
多くのママが子供の育て方に苦戦し、一人で悩みを抱えています。
孤独だと感じる人も多いですが、少しでもママの負担を減らすために地方の自治体も積極的に公的サービスを行っているので、一人でなんでも解決しようとせず、周りに頼りながら子供を育てていきましょう。

 

子育てはうまく施設を利用するとやりやすい

妊娠をした女性にとって、まだ子供がうまれていないうちからママの自覚が芽生え、これから子供を大切に育てていくんだ、という思いは日に日に強くなっていきます。
出産をしてからは子供が生まれた感動とこれから育てていく責任感を胸に、毎日健闘しながら子育てに励むママが多いでしょう。
しかし、一生懸命子育てをするのはとてもいいことではありますが、無理をしすぎるのは良くありません。
子育ては一人でするものではなく父親と一緒にするものであり、また福岡には多くの施設があるので周りに頼りながら育てていくのが子供にとっても親にとっても良いものなのです。
福岡には幼稚園や保育園、その他子供を預ける施設がたくさんあります。
特に保育園や幼稚園は長い時間子供を預けることができるため、父親だけでなく母親も仕事を再開することができるので利用している人が多いです。
専業主婦の人であれば、できるだけそういった施設に預けずに自分で育てたい、という人も多いですが、幼稚園や保育園などの施設で子供を預けるメリットは想像以上に大きいものです。
まず、保育園や幼稚園には自分の子供だけでなく他にも子供が多くいます。
自宅に入ればなかなか関わることができませんが、保育園や幼稚園に通わすことで他の子供たちと関わることができ、人間関係部分で大きく成長することができます。
同じレベルの子供たちにしかできない遊びがあったり、多くの子供がいることで競争心が芽生えたり、家では起こらない新しい刺激がたくさんあります。
感情豊かな子供に育てるためには、いろんな刺激を受けて成長するのが一番です。
そのため一人で抱え込まずにうまく施設を利用して、子供の成長の糧にしていきましょう。

 

親子で遊べる施設を見つけて楽しく子育て

毎日家で懸命に子育てをしていても、なんだか飽きてくることはありませんか?もちろん可愛い子供と一緒に遊ぶのは楽しいですが、家にあるおもちゃだけでは限界があります。
一人で遊んでくれるときはいいですが、子供もできるだけ親にかまってほしいとサインするときもあるのでママも大変です。
そんな時にお勧めするのが福岡県内にある地域サービスです。
福岡県内には子育てをするママを想いあらゆるサービスを提供し、その一つとして親子が一緒になって遊べる施設があります。
多くのママや子供と一緒になって遊べる交流型の施設では、他のママたちや子供たちと交流できるため自宅にはない刺激があります。
同じ年齢の子供はどんな感じなのか、どんな子供がいるのかを知る機会としてぴったりの施設です。
自宅にはないようなおもちゃがあったり、子供同士で遊んだりと普段見られない子供が楽しむ姿を見る事が出来ます。
また、もう一つのメリットとしてママ友として交流できる点があります。
普段悩みをあまり打ち明けられないママたちが集っているので、この機会に他のママと会話してみたり、悩みを共有しあったりしてもいいでしょう。
近くに住んでいるママが多ければ、その後幼稚園や小学校でまたばったり会う場合もあります。
気軽に話せるママ友を作る事は、子育てにおいてとても大切です。
悩みを打ち明けて共感するママ友がいれば、一人で悩むことなくみんなであらゆる情報を共有しあいながら楽しく子供を育てていくことができます。

 

一時的に子どもを預けられる福岡のサービス

基本的にママが子育てをするのは普通ですが、どうしても緊急で外出をしなければいけなくなったとき、もしくは体調を崩して一定期間だけ子育てが出来なくなってしまった時ってありますよね。
自分の両親や夫など任せられる人が身近にいればいいのですが、あまりに緊急の場合は預けられない場合もあります。
こういった場合には福岡にある保育サービスを利用するといいでしょう。
福岡の保育サービスの一つとして、一時保育があります。
この一時保育では、保護者が高熱をだしてしまった、病院に行くほどのケガや病気になってしまった、等の一時的に保育を必要としている場合に預けることができます。
その他、子育てに集中しすぎてママが疲れてしまい、リラックスしたい等の場合にも一時的に子供を預かってもらうことが可能です。
平日の朝から夕方まで預かってくれるところが多く、土日祝に関しては預かる施設により異なります。
まだ預ける必要はないと感じているママも、予め預かってくれる施設を調べておきどういった条件となっているのか知っておくといいかもしれません。
また、朝から夕方まで預かってもらう場合には、給食が出るのかどうかも確認しておく必要があります。
給食が出る所であれば何も準備しなくて大丈夫ですが、給食が出ない場合はお弁当を持たせる、もしくは何か食べ物をかって持たせる必要があるからです。
しっかりと下調べしておけば、緊急なときもすぐに預けることができますので、福岡の一時預かりサービスについてはよく調べておきましょう。

 

福岡の親子で遊べるおすすめスポット

福岡で子育て中のパパさんママさん、お子さんが楽しく遊べる施設をご紹介します。
一つ目のおすすめは、福岡アンパンマンこどもミュージアムinモールです。
ここは博多区の博多リバレイン5、6階にある全国5つめのアンパンマンこどもミュージアム。
ガラス屋根に囲まれた明るく開放的な施設なので、お天気を気にせず利用でき、しかも外で遊んでいるかのような開放感もあります。
アンパンマンや仲間たちが勢ぞろいしたお出迎えひろばや、元気なお子さんに人気のボールパークが人気のコーナーです。
アンパンマンが大好きな小さなお子さんの気持ちを捉えて離さないでしょう。
二つ目のおすすめは、東区にあるかしいかえんシルバニアガーデンです。
ここは、シルバニアファミリーの世界をテーマにした都市型遊園地です。
女の子の憧れのシルバニアファミリーの世界に迷い込んだようなかわいいお家やショーを始め、小さなお子さんから楽しめるアトラクション、男の子に人気のスーパーヒーローのアトラクションもあります。
ご家族の目を楽しませてくれる花々も魅力です。
3つ目のおすすめは、東区にあるマリンワールド海の中道です。
全天候型なので、雨の日も楽しめます。
450種の海の生き物を多種多様な展示方法で見ることができるので、小さなお子さんも飽きずに楽しむことができ、パパママやお兄さんお姉さんも満足できます。
大迫力の大水槽や、下から眺められるトンネル水槽、そして楽しいアシカ、イルカショーなどが人気です。

 

子育てのコツはママ友を作り相談すること

子育てはパパとママの二人で子供を育てていくものですが、基本的にパパは生活費を養うためにお仕事をしているため、子育ての多くはママが行う事が多いです。
慣れない子育てに奮闘しながら頑張っていても、なかなか一人ではできないことも多いかもしれません。
しかし、それは他のママにも言える事です。
自分では無理だと思っていたものが、他のママはなんとかしてこなしている可能性もあります。
そのため、子どもを育てる時には自分で一人で頑張るという意識ではなく、ママ友を作ってみんなで頑張っていくような気持ちでいると楽になります。
福岡では多くの施設があり、他のママや子供と触れ合える機会が多くあります。
特に親子で遊べる施設に行くことで、他のママたちと一緒になって子供と遊ぶことができ、自然とママ友を作ることができます。
ママ友を作るメリットの一つは、同じ悩みを持っているため共感や相談できることです。
夫に悩みを相談してもわからない、と返されれば終わりですが、ママ友は自分と同じように奮闘しながら子供を育ててきているので、話もわかり共感する部分も多くあります。
自分だけじゃなく他のママ友も悩んでいて、なんとかコツを掴んで乗り越えているんだという気持ちになると、また頑張る気持ちになります。
先輩のママ友を作ると、何か悩みを相談した時にアドバイスをしてくれたりしてくれるのでお勧めです。
多くのママ友がいればいるほど情報交換しやすくなるので、ぜひ積極的にママ友をつくりましょう。

 

ママ友同士で地域情報を共有するメリット

それまでの人生では地元意識が薄かった人も、妊娠、出産を経験してみると、地域情報のありがたみを実感することでしょう。
大切な我が子を安全に遊ばせられる公園や広場、いざという時使えるトイレのありかを知っておくと、安心感が違うからです。
また、福岡には子連れでも歓迎してくれるカフェやレストラン、キッズルームを備えているヘアサロンなどもあります。
分かっていれば上手に利用して、ママが息抜きできます。
外出の際にチェックしたいことは山ほどありますが、自分一人で県内や市内をリサーチするのは限界があります。
ママ友同士で交流を図り、地域ネタをシェアし合うのが効率的です。
立場が同じ人とは気持ちの面で通じるものがありますし、欲しい情報も近いことが多いです。
時には人間関係が難しいと言われる場合もあるママ友ですが、いるとやはりメリットがあると言えます。
ママ友との交流のコツは、お互い家庭内の状況には踏み込みすぎず、地域と子育てに特化した情報のみを共有することです。
たとえば、義父母のこと、旦那さんのお仕事のことなどは、必要がなければ口にしなくてもいいのです。
単純に、子育てしていく上で知っておくと便利で快適なことを話題にするといいでしょう。
また、お子さんにはそれぞれ個性があり、得意なことと不得意なことがあって当然です。
お子さんの能力とは直接関係のない話にしておくといいでしょう。
福岡の子育てママが知っておきたい施設やショップなどに関心を集中させて、話題を地域情報に持っていくことで、楽しくて有益な情報交換になるはずです。

 

自分に合った方法で無理せずママ友交流を

ママ友は子育てで困ったことがあった際に頼れる存在ですから、普段から交流を深めて良好な関係を築いておきたいものですよね。
ただ、家事や育児、仕事などで忙しい同士だと、なかなか上手くママ友交流の時間を見つけられない場合もあるのではないでしょうか。
そんな場合におすすめなのが、何かのついでに交流することです。
例えば、お昼どきにカフェやレストランなどにお子さん連れで訪れれば、食事のついでにママ友交流をすることができます。
これなら、お昼ごはんを作る手間や時間を省きつつ、ママ友とのお喋りで気分転換したり情報交換したりできるので、負担を感じずに時間を捻出しやすいでしょう。
お子さん連れだと来店を断られてしまったり、周囲への迷惑にならないかと始終ヒヤヒヤしていなくてはならなかったりするのではないかと不安な方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、近年では子育て中のママへの理解が社会に広がりつつあり、福岡県内にも、キッズ用スペースが完備されたカフェ・レストランがいくつも登場してきています。
そういったお店を選んで来店すれば、お子さん連れでもリラックスして過ごせるでしょう。
ちなみに、毎日朝から晩まで忙しくしているから、どうしてもママ友に合う時間は捻出できそうもない方もいらっしゃるかと思います。
そんな方は、無理に対面で交流することにこだわらず、電話やメール、無料メッセージングアプリ等を利用した交流を行うのも1つの手です。
自分にとって無理のない方法でママ友と上手に交流してみてください。